マニュアル‎ > ‎SMTP‎ > ‎

SMTP認証(設定)

iill_SMTPAuthentication( username ; password )

SMTP認証(設定)


構文

iill_SMTPAuthentication( SMTPアカウントID ; パスワード )

引数

SMTPアカウントID
パスワード

戻り値

正常終了=0
エラー = エラーメッセージ

以下の例では、GmailのSMTPサーバーでメールを送信しています。

//SMTP認証設定
iill_SMTPAuthentication( "*****@gmail.com" ;  "******" )
 この時点ではSMTP認証の準備をしています。
 認証はメール送信時に行われます。

//送信
iill_SMTP_Send( "smtp.gmail.com" ; "587" ; "1" ; "30")

SMTP認証をしない方法
1, iill_SMTPAuthentication関数を実行しない。
2, iill_SMTPAuthentication( "" ; "" )
  空白を送信する事で「SMTP認証をしない」になります。




SMTP|暗号化|SSL (Secure Sockets Layer)について
(MailMakerPop3.dll 2.0.0.6)
SMTP/TLS(TCP/587):対応しています。 
SMTP over SSL(TCP/465) :対応していません。 
 iill_SMTP_Send( Host ; Port ; SSL ; Timeout )/*SSL= 0 or 1 */ : 

 「MSDN ライブラリ」より 
事前に SSL セッションが確立され、その後にプロトコル コマンドが送信されるという、代替接続方法もあります。この接続方法は、SMTP/SSL、SMTP over SSL、または SMTPS と呼ばれることがあり、既定ではポート 465 を使用します。SSL を使用するこの代替接続方法は、現在はサポートされていません。 SmtpClient.EnableSsl プロパティ (System.Net.Mail) : 
Comments