マニュアル‎ > ‎SMTP‎ > ‎

添付ファイルを設定・追加

iill_SMTP_setAttachmentFile_Add( AttachmentFilPath )

添付ファイルを設定・追加


構文

iill_SMTP_setAttachmentFile_Add( ファイルのフルパス )

引数

ファイルのフルパス

戻り値

正常終了=0
エラー = エラーメッセージ

説明

iill_SMTP_setAttachmentFile_Add( ファイルのフルパスフィールド )
ファイルのフルパスフィールド:C:\test.jpg

下記のように2回実行した場合、添付ファイルが2つ設定されます。
iill_SMTP_setAttachmentFile_Add( "C:\\test1.jpg" )
iill_SMTP_setAttachmentFile_Add( "C:\\test2.jpg" )

※スクリプト内に直接ファイルパスを記入する場合、「\」マークは「\\」で記入。(FMの仕様)

Comments