マニュアル‎ > ‎SMTP‎ > ‎

作成中のメールを破棄する

iill_SMTP_DisposeMail

作成中のメールを破棄する


構文

iill_SMTP_DisposeMail

引数

なし

戻り値

正常終了=0
エラー = エラーメッセージ

説明

何らかのトラブルでプラグイン内にメールが残ってしまった場合、iill_SMTP_DisposeMailでプラグイン内のメールを
破棄します。

下記関数をいずれか1つ実行するとプラグイン内に新しいメールが一つ作成されます。
iill_SMTPAuthentication
iill_SMTP_DisposeMail
iill_SMTP_SetFrom
iill_SMTP_SetReplyTo
iill_SMTP_setSubject
iill_SMTP_setTo_Add
iill_SMTP_setCC_Add
iill_SMTP_setBcc_Add
iill_SMTP_setBody_Add
iill_SMTP_setAttachmentFile_Add

iill_SMTP_Send関数でメールメッセージは送信・破棄されます。

iill_SMTP_setTo_Add関数など、[iill_SMTP_set***_Add]のように最後に_Add が付いている関数は情報を追加していくので、
iill_SMTP_setTo_Add("abc@b.com";"")を実行後、トラブルでプラグイン内にメールが残ったまま
iill_SMTP_setTo_Add("def@b.com";"")を実行すると "abc@b.com" と " def@b.com" あてのメールメッセージが作成されます。

変数を設定 [$error; 値:iill_SMTP_setTo_Add( "a@b.com" ; "" )]
If [$error ≠ 0]
変数を設定 [$error; 値:iill_SMTP_DisposeMail]
End if

Comments