iill_login( hostname; port; SSL; username; password )/*SSL= 0 or 1 */

サーバーへログイン


構文

iill_login( メールサーバー ; ポート番号 ; SSL(0または1) ; メールアカウント ; パスワード)

MailMakerPop+ Ver.3.2.5|dll 2.0.2.4 以降、オプションで timeout の設定が出来ます。

iill_login( メールサーバー ; ポート番号 ; SSL(0または1) ; メールアカウント ; パスワード ; タイムアウトまでの秒数)

引数

SSL 0=未使用、1=使用

タイムアウトまでの秒数(デフォルト:30秒)

戻り値

メールの数と容量「+OK 8 20437」

以下の例では、GmailのPOPサーバーへログインしています。

iill_login( "pop.gmail.com" ;  "995" ;  "1" ;  "*****@gmail.com" ;  "******" )


MailMakerPop+ Ver.3.2.5|dll 2.0.2.4 以降、オプションで timeout の設定が出来ます。

iill_login( hostname; port; SSL; username; password {; timeout })//timeoutの指定は、秒。

iill_login( "pop.gmail.com" ;  "995" ;  "1" ;  "*****@gmail.com" ;  "******" ; 60 )


 エラーメッセージ|MailMakerPop3.dll 20.01.0 以降 確認項目
 要求した名前は有効ですが、要求された種類のデータは見つかりませんでした。 メールサーバー
 対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした ポート番号
 予期しないパケット形式のため、ハンドシェイクに失敗しました。 SSL(0または1) 
 検証プロシージャによると、リモート証明書は無効です。 ポート番号 ; SSL(0または1) 
 -ERR authorization failed
 -ERR Login failed.
 -ERR [AUTH] Username and password not accepted.
 など
 メールアカウント
 パスワード

Comments