マニュアル‎ > ‎POP3‎ > ‎

メール取得(ファイル保存)

iill_GetMail_Binary( index )
Windows 7 では未対応(FileMakerを管理者権限で実行すればOK)
この関数は非推奨です。iill_GetMail_Binary2を推奨

デコードなしでメールを取得し、ファイル保存


構文

iill_GetMail_Binary( メール番号 )

引数

メールサーバー内のメール番号

戻り値

保存したメールのファイルパス

説明

メールの文字をデコードせずにファイルに保存します。
保存フォルダは自動で作製されます。

保存フォルダ:
FileMaker Proのインストールフォルダ内に「mail」フォルダを作製しその中に保存されます。
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Pro X\mail\POPサーバー名フォルダ\アカウント名フォルダ
X=FileMakerのバージョン。

保存フォルダ名はPOPサーバーの設定を元に付けられます。
その際、[ . ](ドット)は[ _ ](アンダーバー)に置換されます。

保存したファイルは「iill_TextFile_Read」でFileMakerのフィールドへ取り込めます。

この関数は、実行前に[UIDL取得|iill_GetUIDLn( index )]を実行する必要があります。

POPサーバー上の「1」番目のメールを取得

iill_GetMail_Binary( 1 )

Comments