マニュアル‎ > ‎POP3‎ > ‎

通信を切断 (QUIT」コマンドなし)

iill_Close

通信を切断 (QUIT」コマンドなし)


構文

iill_Close

引数

なし

戻り値

正常終了=0

説明

※POPサーバーへ「QUIT」コマンドを送信せずに切断します。
 正しくPOPサーバーとの通信を切断するには、「iill_SendLine( command )
 関数で「QUIT」コマンドを実行後、切断してください。

※※「QUIT」コマンドを実行せずに切断した場合、メールの削除がほとんどの
 場合、適応されません。

※※※iill_Close関数で「QUIT」コマンドを送信しない理由
 googleのGmailの場合、POP受信が1度しか出来ませんが、「QUIT」コマンドを
 送信しない事で複数回受信が可能になります。

 MailMakerPopでは文字化け対策のため、
 メールを複数回受信する場合があります。

iill_Close

正しい切断方法
iill_SendLine( "QUIT" )
iill_Close




【 ログアウト スクリプト】
フィールド設定 [Global::er; iill_SendLine( "QUIT" )] /*メールサーバーへ"QUIT"コマンド送信*/
フィールド設定 [Global::er; iill_ReadLine] /*メールサーバーの応答を受信*/
フィールド設定 [Global::er; iill_Close] /*メールサーバーとの接続を終了*/
フィールド設定 [Global::er; iill_MMpWindow( 0 )] /*MailMakerPopサブウインドウを閉じる*/
Comments