マニュアル‎ > ‎

FMのスクリプトを実行

iill_StartScript( fileName ; scriptName ; parameter)
FileMakerのスクリプトを実行

MailMakerPop+.fmx 1.0.5.2

構文

iill_StartScript( ファイル名 ; スクリプト名 ; パラメーター)

引数

ファイル名 ; スクリプト名 ; パラメーター

戻り値

正常終了=0
エラー = エラーメッセージ

説明



ファイル名 TEST.fp7 の スクリプト名 TestScript を実行
「.fp7」は省略可
TEST.fp7が既に開いている必要があります。

iill_StartScript( "TEST.fp7" ; "TestScript" ; "パラメーター" )

Loop処理での注意!

Loop をしている間は、iill_StartScript( "TEST.fp7" ; "TestScript" ; TEST::Value ) は実行されません。
各レコードのパラメータを保持し待機状態になります。

Loop
フィールド設定 [test::er; iill_StartScript( "TEST.fp7" ; "TestScript" ; TEST::Value )]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了]
End Loop

Loopを抜けたあとで
"TEST.fp7" の "TestScript" が Loopしたレコードの回数実行されます。

スクリプト実行  "TestScript" ; レコード1の値
スクリプト実行  "TestScript" ; レコード2の値
スクリプト実行  "TestScript" ; レコード3の値


Comments