FMからPluginへメールをセット

iill_SetMailForReprocess( mail )

メールを再度、解析する為に、メールの原文をPlug-inへセットします。


構文

iill_SetMailForReprocess( メールの原文 )

引数

メールの原文

戻り値

正常終了 = 0

説明

メールを再び解析する為にPlug-in(MailMalerPop)へメールの原文をセットします。

この関数を実行後、
iill_GetHeader」、「iill_GetInfo」、「iill_BodyAnalyzer」、「iill_GetBodyContentTypen」、「iill_GetBodyn」、「iill_GetAttachedFile」などが利用できます。

FileMakerのフィールドに保存しているメール原文から添付ファイルを取り出します。

iill_SetMailForReprocess( メールの原文のフィールド ) メールをPlug-inへセット

iill_BodyAnalyzer 添付ファイル取得準備

iill_GetAttachedFile( $n ;"") 項目番号$nのファイルを保存。

Comments