添付ファイルを取得

iill_GetAttachedFile

添付ファイルを取得(Base64のみ対応)


構文

iill_GetAttachedFile( Mail項目番号 ; フォルダパス )

引数

Mail項目番号 ; フォルダパス

戻り値

保存したファイルのフルパス

説明

先に「iill_BodyAnalyzer」の実行が必要です。

保存フォルダパス(dirPath)で指定したフルダに添付ファイルが保存されます。
指定したフォルダがない場合、フォルダを作成します。

ファイル名はヘッダーから取得し、付加されます。

保存フォルダパス(dirPath)を省略した場合、
ファイル保存ダイアログが表示されます。任意の場所を指定しファイルを保存。

取得出来る添付ファイルの容量は10MB程度です。それ以上になるとプラグインが不安定になります。

先に「iill_BodyAnalyzer」の実行が必要です。

iill_BodyAnalyzer」を実行し項目番号 2 が添付ファイルの場合。

iill_GetAttachedFile( 2 ; "C:\添付ファイル" ) は「C:\添付ファイル」フォルダ内に添付ファイルを保存します。
「添付ファイル」フォルダがない場合、フォルダを作成します。

保存フォルダパス(dirPath)を省略した場合、
iill_GetAttachedFile( 2 ; "" ) はファイル保存ダイアログが表示されます。任意の場所を指定しファイルを保存して下さい。

Comments