メール解析

iill_BodyAnalyzer

メール解析


構文

iill_BodyAnalyzer

引数

なし

戻り値

メール内の項目数

説明

メールを解析し本文や添付ファイルの取得準備をします。

メールの内容がテキストメール(text/plain)のみの場合、1を返します。
メールの内容がHTMLメール(text/html)のみの場合、1を返します。
メールの内容がテキスト(text/plain)と、HTML(text/html)の複数の情報がある場合、戻り値は2を返します。
添付ファイルが1つ含まれるテキストメール(text/plain)の場合、2を返します。
添付ファイルが2つ含まれ、テキスト(text/plain)と、HTML(text/html)の複数の情報がある場合、4を返します。

「iill_BodyAnalyzer」でメールの解析を実行すると、
以下のように各種情報がPlug-in内に格納されます。

添付ファイルが1つ含まれ、テキスト(text/plain)と、HTML(text/html)を含む場合、
項目番号 0テキストメール(text/plain)。
項目番号 1HTMLメール(text/html)。
項目番号 2添付ファイル

注意! 必ず項目番号 0テキストと言うわけではありません。
テキストメール(text/plain)が無く、HTMLメール(text/html)のみの場合、
項目番号 0HTMLメール(text/html)になります。

iill_GetMailn( index )」で取得したメールは一時的にPlug-in内に保管されています。

iill_BodyAnalyzer

-----
Comments