[3]Get_AttachedFile(Number)

Get_AttachedFile(Number)

添付ファイルを取得します。
オブジェクトデータが返ってきます。
オブジェクトフィールドに設定して下さい。
MailMakerPop+Library2(MMPLib2.fp7|.fmp12)は、添付ファイルを10個まで取得できるようになっています。
MailMakerPop+プラグイン自体は、いくつでも添付ファイルを取得できます!
添付ファイルが無い場合は、空データが返ります。

変数を設定 [$n; 値:1]
Loop
Exit Loop If [$n>10]
スクリプト実行 [「Get_AttachedFile(Number)」 , ファイル: 「MMPLib」; 引数: $n]
フィールド設定 [mailer::body添付ファイル[$n]; Get ( スクリプトの結果 )]
変数を設定 [$n; 値:$n+1]
End Loop

Comments