MailMakerPop+Library for Send

MailMakerPop+Library for Send(MMPSLib.fp7)は、MailMakerPop+プラグインで送信するためのスクリプトの記述をカンタンにするためのライブラリファイルです。(送信用)

FileMaker Pro 11|12

サンプル+MMPSLib.fp7(.fmp12)はこちら




スクリプトでデータのやり取りをするので【あなたのファイル(.fp7)(.fmp12)】の「外部データソース」に「MMPSLib.fp7」を登録することで利用できます。
リレーション等を組む必要はありません。



#SMTP情報を設定
スクリプト実行 [「Set_SmtpSetting(account,password,server,port,ssl)」 , ファイル: 「MMPSLib」; 
引数: 
account::SMTP_Username & ¶ & 
account::SMTP_Password & ¶ & 
account::SMTP_Server & ¶ & 
account::SMTP_Port & ¶ & 
account::SMTP_SSL
/*引数は、改行区切りで*/
/*
アカウント
パスワード
SMTPサーバー
ポート
SSL(0 or 1)
*/
を指定します。
]

#メッセージをセット
スクリプト実行 [「Set_Message(*)」 , ファイル: 「MMPSLib」; 
引数: 
/*青字の箇所を書き換えて下さい*/
"$Encoding=" & Quote ( SendMail_Example::Encoding ) & 

" ; $Subject=" & Quote ( SendMail_Example::Subject ) & 
" ; $bodyText=" & Quote ( SendMail_Example::bodyText ) & 
" ; $bodyHTML=" & Quote ( SendMail_Example::bodyHTML ) & 

" ; $From=" & Quote ( SendMail_Example::From ) & 
" ; $ReplyTo=" & Quote ( SendMail_Example::ReplyTo ) & 
" ; $To=" & Quote ( SendMail_Example::To ) & 

" ; $Cc=" & Quote ( SendMail_Example::Cc ) & 
" ; $Bcc=" & Quote ( SendMail_Example::Bcc )
]


#添付ファイルをセット/*添付ファイルがない場合、このスクリプトは、必要ありません。*/
変数を設定 [$n; 値:1]
Loop
Exit Loop If [$n>10]
スクリプト実行 [「Set_AttachedFile(object)」 , ファイル: 「MMPSLib」; 引数: SendMail_Example::body添付ファイル[$n]]
変数を設定 [$n; 値:$n+1]
End Loop
/*オブジェクトフィールドの「ファイル」または、「ピクチャー」を引数に指定*/
/*「ピクチャを挿入」または、「ファイルを挿入」した、ファイル(フィールド)を指定して下さい。
「ピクチャを挿入」または、「ファイルを挿入」した、ファイルの場合、エラーになります。*/
/*MailMakerPop+Library for Send(MMPSLib.fp7 .fmp12)は、添付ファイルを10個まで指定できます。(プラグイン自体は、10個以上も可能)*/
/*このサンプルでは、「body添付ファイル[$n]」は、繰り返しフィールドになっています。*/
/*オブジェクトフィールドのファイルは、参照挿入でも実データでも可能です。*/


#送信
スクリプト実行 [「Send」 , ファイル: 「MMPSLib」]
フィールド設定 [SendMail_Example::error; Get ( スクリプトの結果 )]
/*送信完了の場合、
「+OK 送信済|タイムスタンプ」:「+OK 送信済|2013/02/01 15:18:16」を返します。*/
/*エラーの場合、
「-ERROR 未送信|エラーメッセージ」を返します。*/
/*エラーがある場合は、送信しません*/


#SMTPサーバー切断
スクリプト実行 [「SMTP切断」 , ファイル: 「MMPSLib」]
/*SMTPサーバーとの通信を終了*/