プラグイン準備|Ver.2.3 Srv11・12

FileMakerスクリプトエンジン(FMSE)(サーバーサイドスクリプト)でMailMakerPop+を使用する場合、必ず排他制御を行ってください。
FileMaker Server上でMailMakerPop+を使用するスクリプトが同時に実行されないよう、運用してください。
排他制御をFileMakerスクリプトに組み込む場合、「iill_MMpStatus」関数をご利用ください。

FileMaker Server で使用する!
MailMakerPop+ 2.0.1.1(dll2.0.0.8)以降が必要です!

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ が必要です。
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

Microsoft .NET Framework 4 または、4.5 が必要です。

プラグイン設定方法:
以下、2つのファイルを所定のフォルダに配置します。
MailMakerPop+.fmx
MailMakerPop3.dll

FileMaker Server 11・12|OS:32bit|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll
 (MailMakerPop+Ver3の場合は、以下も追加)
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat

FileMaker Server 11・12|OS:64bit|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll
 (MailMakerPop+Ver3の場合は、以下も追加)
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat

※「C:\Program Files (x86)」は、インストール時の設定により変わる場合があります。

MailMakerPop+Ver3の場合、
(※)試用期限が切れている場合は、以下より新しい試用シリアルキーファイルをダウンロードして下さい。

MailMakerPop+.fmx64
MailMakerPopServer.dat
MailMakerPop3.dll
上記ファイルを設置後、
「FileNaker Server」を再起動して下さい。

FileMaker Server Admin Console
構成
└データベースサーバー
 サーバープラグイン

[■FileMaker Server でプラグインを使用できるようにする]をチェック。
[■MailMakerPop+.fmx|有効にする]をチェック。
[保存]ボタンをクリック


Comments