認証ファイルの登録


「MailMakerPopServer.dat」は、MailMakerPop+.fmx(64)と同じフォルダに保存して下さい。


FileMaker Server 13|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx64
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll


FileMaker Server 12|OS:64bit|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll


FileMaker Server 11|OS:32bit|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll


FileMaker Server 11|OS:64bit|FileMaker スクリプトエンジン
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPop+.fmx
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\Extensions\MailMakerPopServer.dat
C:\Program Files (x86)\FileMaker\FileMaker Server\Database Server\MailMakerPop3.dll



FileMaker Server Admin Console
構成
└データベースサーバー
 サーバープラグイン

[■MailMakerPop+.fmx|有効にする]をチェック。
[保存]ボタンをクリック


MailMakerPop+ for FileMaker Server DEMO版を既にご利用頂いている場合、「MailMakerPop+.fmx」を一度無効にし、再度、有効にして下さい。
[■MailMakerPop+.fmx]をチェックを外す。
[保存]ボタンをクリック
[■MailMakerPop+.fmx|有効にする]をチェック。
[保存]ボタンをクリック



認証ファイル登録状況の確認。
FileMaker Server で共有出来るファイルを作るか、共有済のファイルに「MailMakerPop+」のバージョンを取得するスクリプトを作成します。
例:
スクリプト名:MailMakerPop+_Version
新規レコード/検索条件
フィールド設定 [test::MMP_Version; iill_Version]


FileMaker Server のスケジュールに上記スクリプト名:MailMakerPop+_Versionを実行するスケジュールを作成して下さい。

例:スケジュール名:MailMakerPop+_Version で登録

スケジュール名:MailMakerPop+_Version」を右クリックし、「スケジュールを今実行する」でスクリプトを実行して下さい。

FileMaker Pro で共有ファイルを開き、新しいレコードのフィールドに「True:Registered:MailMakerPop+(dll2.0.0.9)Version 2.0.1.1」が入力されていることを確認して下さい。(バージョンを表す数字は、変わります。)

認証ファイル「MailMakerPopServer.dat」の登録が完了している場合、「True:Registered...」が返ります。
Comments