!For FileMaker Server(Windows専用)

  • 20130304 「MailMakerPop+ for FileMaker Server」のインスタントWEB対応は、非対応とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致します!
    投稿: 2013/03/03 21:12、joymate tomida
  • 20130301 BETA TEST BETA版公開前のテストが不十分だった事をお詫びいたします!現在BETAテストを行なっておりますが、インスタントWEBでの動作で色々と不具合があります。プラグインが、マルチスレッドで無いため、各WEBクライアントが同時に送信・受信処理を行うと不安定になります!インスタントWEBへの完全な対応は、なかなか難しい状況です。FileMaker スクリプトエンジン (FileMaker Server スケジュール)での利用は、問題ありません。「MailMakerPop+ for FileMaker Server」のインスタントWEB対応は、簡易対応、または、非対応にせざるを得ない状況です!
    投稿: 2013/03/01 1:03、joymate tomida
  • 20130301 BETA TEST インスタントWEB BETA TEST LOG |インスタントWEB各WEBクライアントが、同時にメールの送信処理を行った場合、エラーになります!
    投稿: 2013/02/28 22:52、joymate tomida
1 - 3 / 3 件の投稿を表示中 もっと見る »

MailMakerPop+ for FileMaker Server
FileMaker Server 11|12 |13|14 |15 対応





FileMaker Server スケジュールから実行されるFileMaker スクリプトで MailMakerPop+ が使用可能になり、
メールの受信処理を FileMaker Server で行うことができます。

FileMaker スクリプトエンジン (FileMaker Server スケジュール FileMakerスクリプト で利用可能!)
インスタントWEB・カスタムWEB、には、対応しておりません。


FileMaker Server 11|12 |13
動作検証:OS:
Windows Server 2008 R2
Windows 7

FileMaker Server 14
動作検証:OS:
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012 



1台のServer機につき1ライセンス必要です。
価格|39,900円(税込)
(開発用クライアントライセンス付属|1ライセンス)




FileMaker Server スケジュール 対応! テンプレート2!
排他制御追加。Mailデータ分離モデル!


FileMaker Server スケジュールから実行する場合、「MailMakerPop+ for FileMaker Server」を使用したスクリプトの実行が、重ならない様に設定して下さい。
FileMaker Server  13 以降で、「サーバー上のスクリプト実行」で処理を行う場合もMailMakerPop+ for FileMaker Server」を使用したスクリプトの実行が、重ならない様に設定して下さい。


FileMaker Serverで使用するには、MailMakerPop+ 2.0.1.1(dll2.0.0.8)以降が必要です!(体験版の期限内は、制限なしでお試し頂けます。)

関数:以下の関数は、Server版には、対応しておりません。
iill_StartScript( fileName ; scriptName ; parameter) 
iill_MMpWindow( 0 or 1 )

 iill_MMpWindow( 1 ) は、以下の様なスクリプトで FileMaker Server で実行しないようにして下さい!

If [PatternCount ( $appVer ; "Pro" )   > 0]
    フィールド設定 [MMPLib::gER; iill_MMpWindow( 1 )]
End If



#プラグインが有効でない場合、スクリプトを停止する記述を加えて下さい!
変数を設定 [$MMP_Version; 値:iill_Version]
If [$MMP_Version = "?"]
        スクリプト実行 [「Add_Log(log)」; 引数: "MailMakerPop+ が無効です!"]
        現在のスクリプト終了 []
End If
If [PatternCount ( Get ( アプリケーションバージョン ) ; "Server " )>0]
#FileMaker Server の場合、iill_Version が「True...」を返さなければ、停止。
    If [Left ( $MMP_Version ; 4 )  ≠  "True"]
        スクリプト実行 [「Add_Log(log)」; 引数: $MMP_Version]
        現在のスクリプト終了 []
    End If
End If

スクリプト実行 [「Add_Log(log)」; 引数: $MMP_Version] は、ログを残す例です!